歴史的瞬間!すごい快挙!藤井聡太四段28連勝達成

 
将棋の写真です

この記事を書いている人 - WRITER -

会社員兼FXトレーダー。旅行が大好き! 将来は独立してFX専業トレーダーとなり、世界中を旅する夢をかなえるため日々がんばっている。 現在はブログを勉強中!!

みっち

藤井聡太四段

こんにちは!みっちです。

今日、平成29年6月21日は将棋史上に残る歴史的1日となりました。

 

藤井聡太四段が歴代1位タイとなる28連勝記録を樹立!

 

とてつもない快挙に将棋界が沸きに沸いています!

 

藤井聡太四段についてはこちらから↓

藤井聡太四段の魅力に迫る!最高傑作の自作詰将棋!

 

歴史的快挙となった対局は第67期王将戦一次予選

藤井聡太四段 VS 澤田真吾六段

 

実は藤井聡太四段は今年6月2日に澤田真吾六段と対戦しています。

藤井聡太四段からすると第20戦目の相手で、勝敗は藤井聡太四段の勝ちでした。

しかし対局内容は藤井聡太四段が追い詰められた場面もあり

澤田真吾六段が受けを誤らなければ勝敗は逆転していたであろう一局です。

 

澤田真吾六段は藤井聡太四段にとって、過去に苦戦を強いられた相手となります。

対局場となった関西将棋会館には、28連勝のかかった注目の一戦に数多くの報道陣が駆けつけました。

 

振り駒の結果

先手:☗藤井聡太四段   後手:☖澤田真吾六段

 

午前10時いよいよ対局開始です。

 

ハイライト

戦形は「角換わり腰掛け銀」となりました。

 

・仕掛け

将棋の写真です

ここから澤田真吾六段が☖6五歩と仕掛けます。

☗同歩、☖7五歩と進んだ後、藤井聡太四段が40分長考して☗4六角と打ちます。

この手に対して澤田真吾六段が58分の長考。

そして☖9五歩、☗同歩と端歩をつき捨ててから☖6五桂と攻めていきます。

 

・中盤の局面

将棋の写真ですここから藤井聡太四段が☗5六銀と打ちます。

☖6六馬、☗5五角、☖同馬、☗同銀となり澤田真吾六段の馬と盤上の角の交換に成功しました。

藤井聡太四段の素晴らしい構想が光りました。

 

・好手あり

将棋の写真です

ここから藤井聡太四段が☗6四角と打ちました。

この手が次の☗5四銀をみた好手。

☖3一王と早逃げしますが☗4四歩と筋よく指します。

☖同歩、☗5三角成、☖4二銀と進みますが☗7五馬とじっと馬を引いて藤井聡太四段が優勢。

次に☗4三歩の狙いがあります。

 

・優勢から勝勢へ

将棋の写真です

ここから藤井聡太四段が☗4四歩と打ちます。

☖4二金、☗5四桂、☖4一金、☗6二歩成と進み澤田玉に迫ります。

盤上のすべての駒が働く展開となり、藤井聡太四段が優勢から勝勢へ。

 

・投了図

将棋の写真です藤井聡太四段の☗3二金に澤田真吾六段が投了しました。

投了図以下は☖同玉、☗4三歩成、☖同飛車、☗同飛車成、☖同玉、☗4四銀打、☖5二玉、

☗4二飛車、☖同玉、☗4三銀打、☖4一玉、☗4二金で即詰みとなります。

 

棋譜

▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △3二金 ▲7八金 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲6八銀 △7七角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲3八銀 △6二銀 ▲4六歩 △6四歩
▲6八玉 △6三銀 ▲3六歩 △7四歩 ▲4七銀 △4二玉 ▲9六歩 △9四歩
▲3七桂 △7三桂 ▲5八金 △8一飛 ▲5六銀 △6二金 ▲6六歩 △1四歩
▲1六歩 △3三銀 ▲7九玉 △5四銀 ▲4五歩 △6五歩 ▲同 歩 △7五歩
▲4六角 △9五歩 ▲同 歩 △6五桂 ▲6六銀 △7六歩 ▲6三歩 △7二金
▲7三歩 △7一金 ▲6五銀右 △同 銀 ▲同 銀 △3九銀 ▲3八飛 △2九角
▲3九飛 △6五角成 ▲5六銀 △6六馬 ▲5五角 △同 馬 ▲同 銀 △8六歩
▲同 歩 △2八角 ▲3八飛 △1九角成 ▲6四角 △3一玉 ▲4四歩 △同 歩
▲5三角成 △4二銀 ▲7五馬 △5三歩 ▲4三歩 △同 銀 ▲4五歩 △2九馬
▲4八飛 △5二銀 ▲4四歩 △7四香 ▲4三歩成 △同 金 ▲4四歩 △4二金
▲5四桂 △4一金 ▲6二歩成 △同 金 ▲同桂成 △7五香 ▲5二成桂 △7七銀
▲4一成桂 △同 飛 ▲3二金 まで藤井聡太四段の勝ち

まとめ

中盤からリードを奪った藤井聡太四段が最後まで押し切った内容となりました。

☗6四角が好手で、その後もミスのない的確な指しまわしでした。

 

記者会見で藤井聡太四段は

こんなに連勝できるとは思っていなかった。幸運だった。

今日は普段どおりと思って対局に望んだ。

と語っています。

 

中学生とは思えない落ち着いた受け答えが印象的でした。

 

長年将棋を指してきましたが、今日は歴史的瞬間を見ることができて嬉しかった。

これからどこまで記録を伸ばすのか応援していきたいです。

藤井聡太四段、お疲れ様でした。そしておめでとう!

みっち

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です