見る物いっぱい!愛媛県総合科学博物館

 

この記事を書いている人 - WRITER -

会社員兼FXトレーダー。旅行が大好き! 将来は独立してFX専業トレーダーとなり、世界中を旅する夢をかなえるため日々がんばっている。 現在はブログを勉強中!!

みっち

愛媛県総合科学博物館

四国の穴場スポットを紹介しているみっちです。

今回は「愛媛県総合科学博物館」に行ってきました。

バリアフリーな設備と目を引く展示物をご紹介します。

・駐車場

駐車場から博物館までは100mほど離れているので歩いていきます。

駐車場の出口には傘が貸し出してありました。

この日は晴天だったので傘は使いませんでしたが

ちょっとした心遣いが見えますね。

障害者用の駐車場は本館のすぐ横にありました。

館内に入ってすぐのところに車椅子が設けてあります。

館内もスロープを設備していてバリアフリーでした。

ここでチケットを購入します。

企画展、常設展、プラネタリウムがあって金額はセットによって異なります。

僕は身体障害者手帳を持っているので無料でした。

今回は友人と行ったのですが同伴者も無料となります。

企画展で「大宇宙旅行展」をしていました。

この企画展は6月25日まで行っています。

企画展はここから入場します。

中では宇宙の成り立ちから星の紹介、宇宙産業など宇宙に関することを展示しています。

一番おもしろかったものは火星探査体験というものがありました。

ゴーグルをつけると目の前に火星の3D映像が映し出されます。

右を向くと右の景色、左を向くと左の景色が映し出されてとてもリアルです。

自分が実際に火星に降り立った気分になれるアトラクションです。

常設展示は自然館、科学技術館、産業館の3つに分かれています。

・自然館:宇宙、地球、愛媛に関する展示

 

・科学技術館:物質、生命、通信、科学に関する展示

 

・産業館:伝統産業、基幹産業に関する展示

 

展示物が多くて紹介しきれないので

僕が特に興味を引かれたものを2つ紹介するよ!

みっち

 

・1つ目 放電球

ガラスの中には低圧の気体が入っています。

高周波で高電圧の電流を流すと中心の電極から出た電子が気体にあたって発光します。

気体の種類により特有の光を発します。

なんだか神秘的な気分になりました。

 

・2つ目 実物大の恐竜模型

この模型は15分に一度稼動します。

恐竜の鳴き声もリアルに再現されています。

巨大模型なので迫力満点でした!

 

家族連れもたくさん来ていました。大人から子供まで楽しめるよ!

バリアフリーな館内も良かった!

みっち

 

 

愛媛県総合博物館の場所と開館時間

住所:愛媛県新居浜市大生院2133-2

開館時間:午前9時~午後5時30分まで

休館日:月曜日

松山自動車道いよ西条インターから約2km

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です